> フィナロの安全性と効果・副作用

「フィナロ」の人気を上回る「エフペシア」

エフペシアに人気が集まっています。

キノリンイエローの危険性が認知されるに従って、『健康被害は避けたい!』とフィンペシアからフィナロへの乗り換え需要が高まっていましたが、その後キノリンイエローを含まない新しいジェネリックプロペシアであるエフペシアが販売を開始したことにより、一旦フィナロへ乗り換えていた方が、さらにエフペシアへの再乗り換えが進んでいるようです。

そのエフペシアの最大の特徴は、含有成分がフィンペシアと全く同じ点にあります。

フィナロはフィナステリド1mgという有効成分は同じなのですが、その他の成分に違いがあるためか、「錠剤が少し大きい」という特徴がありました。

その点、新しく販売されたエフペシアは、「錠剤が大きい」ということもないため、元々フィンペシアを愛用していた方にとってはフィナロよりも馴染み易いと評判になっています。

もちろんフィナロもエフペシアも、プロペシアやフィンペシア同様の有効成分に違いはないため、偽物を掴まされてしまわない限り効果の程に変わりはありません。しかしながら、保存や服用のしやすさやから、コンパクトに扱えるエフペシアの需要が高まってきています。